お椀を持った時の箸の持ち方

お椀を持った時の箸の持ち方

お椀を持っている時に、片手で箸を持つことも覚えておいた方がいいようです。ほとんどの場合、お箸というのは、両手で取り上げるのですが、しかし、小鉢やお椀は、片手で持ちあげて食べます。そういう時には方手がふさがってしまっているので、どうにも両手で箸を持つことができないのですが、そういう時には片手で箸を持つことをしなければなりません。そこで両手で持つのとは違う持ち方をしなければいけないので、困ってしまうのですが、箸を持ち上げてからお椀を持つというのはやってはいけないことなので、そういう時にはどうすればいいのかわからないですね。

 

お椀を持ってから箸を持ち上げるということなのですが、お椀から箸を持っている手を外して、器を持っている人差し指と中指でお箸を挟み、箸を持っている手を滑らせて、持ち直します。こういう風に、箸を持つようにするのですが、初めは、慣れないことだけに、いろいろと大変に感じるかもしれませんが、しかし、しっかりと順番を守っていれば、次第に慣れてきて、自然な形で、それが行う事ができるようになります。

 

自由が丘の歯科
たなべ歯科クリニック: 自由が丘の歯医者