寿司の伝統 その1

寿司の伝統 その1

日本人はとにかく、お寿司が大好きですよね。今では、日本人に限らず、世界中で寿司が食べられています。では、その起源はどのようなものなのでしょうか。

 

「すし」を漢字で書く場合、何通りかあります。「鮨、鮓、寿司」です。このうち、一般的に使われる「寿司」は当て字だと言われています。これに対して、「鮨」「鮓」に関しては、かなり歴史の古い漢字であり、およそ2000年以上前から中国にあったものだと言われています。

 

寿司の発祥ですが、諸説あります。東南アジアのどこかの山の中で、川魚を保存するために穀物を炊いたものの中に漬け込んで発酵させたのが始まりだ、というのが、現在の主流です。この形態のものは、日本では「鮒ずし」「熟れずし」として知られています。

 

鮨のつくりは「旨い」であり、もともとは熟成させる、という意味です。また、鮓のつくりは「うすく剥ぐ」という意味があるそうです。

 

ちなみに、「シャリ」の語源は仏舎利、つまり仏さまの遺骨を意味するものがちょうどご飯に似ていることだと言われています。

 

オフィス家具 買取 東京
オフィス家具|オフィス通販カウネット