箸の正しい待ち方と作法

箸の正しい待ち方と作法

家で食事をする時には、あまり箸置きというのは使わないことがほとんどです。それほど重要な感じもしないので、使う人は少なく、やはり、普段から箸置きを使っているという人は少ないですね。仮に使っているとしても、どういう風に箸置きから箸を持ち上げるのかということを考える人はいないかと思います。

 

和食の際には、箸置きというものに箸が置かれているのですが、実は、この箸置きと自分の手の間で、どのようにそれを動かすのかということにもマナーがあって、それが重要になります。箸の取り上げ方は「右」「左」「右」というのが、正しい作法になるのですが、

 

箸の真ん中から上の部分をつまんで、そこから下から左手を添えて、末端右手を滑らせるように移動させます。右手を下に添えていくのですが、これが正しい箸の持ち方となっています。

 

そして、箸を置くときにはこれと逆の手順で行うのですが、こうした事をして箸を持ち上げたり、また箸を置きます。こえが箸のマナー、作法というもので、しっかりとした食事の場では、こうした事をすることが重要になってきます。