箸の持ち方とは

箸の持ち方とは

普段から箸を良く使う日本人でもあまりお箸をうまく使う、正しく使うという事ができる人は少ないという事実があります。日本人が何か食べる時には、ほとんどの場合が、お箸を使って、ものを食べますが、しかし、このお箸の使い方というのは、箸を使うようになった時に、しっかりとした使い方を覚えておかないことには、いくつになってもそれが治らずに、恥ずかしい思いをしてしまうことになります。

 

正しい箸の持ち方をするのが、一番使いやすい方法であるのですが、逆に、その反対にあまり良くない持ち方をしていると、非常に動かしにくかったりして、あまり良ことはないですね。正しい持ち方というと、真ん中より少し上を持つようにするといいのですが、これがバランスの良い持ち方になります。薬指と小指で下の箸を持ち、人差し指と中指で上の箸を持ちます。

 

そして、上の箸を動かしてものをつまんだりするのですが、箸はそのまま動かすもので、交差させることはしてはいけません。ついでに、長い爪をしていると、やはり、箸は使いずらいということも覚えておいた方がいいようです。