お箸の使い方 その3

お箸の使い方 その3

お箸を取り上げる時には、両手で行うのが基本です。ただし、和食をいただく際、小鉢やお椀は、箸を持っていない方の手で持ち上げます。するとどうなるでしょう。片手でお椀を持っている時に、両手で箸を取り上げることができない、というお悩みが生まれます。かと言って、箸を先に両手で取り上げて、そのあとでお椀を持つ、というのはNGです。あくまで、お椀が先です。お椀を両手で取り上げて、片手に持ち替え、そのあとで片手で箸を取り上げるのです。

 

このような、お椀を持っている時に片手で箸を取り上げるパターンも是非、覚えておきましょう。

 

まず、箸を持っている手をお椀から外し、お箸を取り上げます。その上で、器を持っている手の人差し指と中指で、お箸を挟みます。最後に、箸を持っている手を滑らせて、持ち直すのです。

 

ポイントは、お椀を持って、お箸を取り上げる、ということです。順序を落ち着いて守っていれば、自然に優雅にふるまうことができますよ。

 

新宿のライブハウス
ライブハウスVOXX(ヴォックス)ミュージックシーン・ダンス